スカイプの英会話について考えてみましょう

TOEICは数ある資格の中でも非常に取得しやすい部類に入ります。
まず、TOEICには合否がありません。


受験すれば必ずスコアが付与されます。

マークシート方式なので、極端な話、英語が全くわからなくても、選択肢のどれかを黒く塗りつぶせば、スコアが出ないということはありません。

また、TOEICは非常に受験機会の多い資格試験でもあります。



受験機会が年に1度などという試験もある中で、年に何度も受験することが可能で、試験会場も全国各地に設けられている、というのはとても便利です。TOEICには内容的な利点もあります。


多くの英語試験は、全般的な英語能力を測る試験というよりも、英語に関する、ある特定の能力を測ろうとするものです。それは日本語と英語の通訳や翻訳といった能力を測ろうとするものであったり、英語能力とともに国連の知識を問うものであったりします。
TOEICの場合は、試験の目的が非常に明確です。



英語の知識自体を問う試験というよりは、英語をコミュニケーションの道具として、どの程度使えるのか、ということを全般的に測る試験です。


英語の文法や単語の知識を問うよりも、実際に大量の英語を聞いたり読んだりして、その内容が理解できるか、ということが問われます。コミュニケーションにおいては、まずは相手の言うことを正確に理解することが大切ですし、読んだり聞いたりして理解する能力は、書いたり喋ったりする能力とも相関関係があるのです。

TOEICでは、そうしたコミュニケーション能力を客観的に測定し、統計的な処理を施した後、スコアとして提示してくれます。
試験会場の雰囲気に慣れたり、問題形式に慣れることで、若干スコアが伸びることはあるかもしれませんが、基本的に英語力が伸びない限り、TOEICのスコアが上がることもありません。



昔から満点が990点で一貫性があり、世間でもわりと広く認知されている資格試験なので、一般的な英語力を示す資格として非常に価値が高い試験です。

イラストの専門学校に関する疑問にお答えします。



ゲームイラストサイトを見つけることができました。